臭わない 靴下

臭わない靴下の特徴と効果は?

靴下が強烈に臭い…

「どうせ会社ではくだけだから」と、安い靴下を買っていませんか?

もちろん、安くても防臭効果をうたったものはあります。

ですが、靴下の素材によっては足の臭いに効果がないばかりか、
かえって臭くなることもあるんです。

ここでは、臭わない靴下の条件や選び方、話題の製品を紹介します。

臭わない靴下の素材は?

臭くなりにくい5本指靴下

足の臭いは汗が原因です。本来なら汗自体に臭いはないのですが、不潔にしたり汗を多量にかいたりすると、汗や皮脂をエサにする細菌が繁殖します。

細菌によって汗に含まれる成分が分解されると、「イソ吉草酸」という悪臭を放つ物質が発生。これが足の臭いになります。

ちなみにイソ吉草酸は、法律で排出量が規制されているほどの化学物質。

毒性の強い硫化水素よりもさらに「大気中にあってはならない」として規制されています。

そんな有害物質を、靴下でどうにかできるとは思えないでしょう。

そこで、臭いの原因である汗を吸収してくれる素材が必要です。

具体的には、綿、麻、シルク、ウールといった天然素材の靴下がおすすめです。

天然素材の靴下は吸湿性に優れているので、汗をよく吸収します。

綿は比較的安価で手に入りやすく、麻は吸湿性だけでなく放湿性もあるので、夏でも快適。

ウールの靴下は保温性が高く、冬でも暖かいというメリットがあります。

反対に、吸湿性がなく汗だけを発散する素材はおすすめできません。

下着やスポーツウェアに使われる速乾性の素材、例えばナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、アクリルといった素材は汗を発散しますが、これら化学繊維は吸湿性に乏しいのが難点です。

また、5本指ソックスが汗が渇きにくい指と指の接する部分を離し汗を吸収するため、湿気がこもって蒸れ状態になることを防いでくれるので臭くならないという噂を聞きました。

この5本指ソックスは指先だけを覆うタイプもあり、ストッキングの下に履けるようなので、かなり効果が期待できそうです。

話題の「臭わない靴下」をピックアップ

消臭靴下リンマー

銀イオン配合、蒸れない、臭わない……防臭・消臭をうたった靴下は今やたくさんあります。

なかでも、特に「臭わない靴下」として評価されている製品と、その特徴をいくつか紹介します。

強力消臭靴下リンマー

消臭靴下リンマー

消臭靴下リンマーは抗菌防臭加工を施した繊維に、備長竹炭のマイクロカプセルを練り込み、強力な抗菌・消臭・防臭効果を実現した靴下です。

はけばはく程マイクロカプセルが段階的につぶれて効果は半永久。

30代以上の主婦が選ぶ口コミ満足度の高い消臭靴下第1位の実績あり。

デオルソックス

デオルソックス

介護分野の臭い研究から生まれたデオルソックスは、足のニオイを急速分解し、無臭化し続けます。

その消臭効果は3日はき続けても臭わない程強力で、検査機関でも証明済。

しかも、綿100%でサイズ展開も豊富、5本指タイプもあります。

宇宙のくつ下

宇宙のくつ下

なぜ宇宙かというと、靴下に使われている繊維が防菌・防臭効果が高いと認められ、国際宇宙ステーションの宇宙服にも採用されたからです。

靴下の繊維は、極細の銅を編み込んだ「カプロンファイバー」という特殊な素材。銅イオンの働きで臭いの原因菌を除菌・防菌できるほか、静電気防止や保温効果もあるとのこと。

靴下の岡本 SUPER SOX

supersox

天然ウールを独自加工した特許糸「NEW BREATHE FIBER(ニュー ブリーズファイバー)」が蒸れと原因菌の増殖をしっかり抑制してくれます。

洗濯を繰り返しても消臭力は半永久的に持続、累計販売足数1000万足突破の実力派消臭靴下です。

>>靴下の岡本 SUPER SOX公式サイト

 

防臭靴下を選ぶ時のポイント

靴下を選ぶ時は、天然素材を選ぶようにしましょう。

靴下売り場

化学繊維の靴下は、汗の発散性には優れているのですが、その発散性ゆえに靴のなかが湿っぽくなり、裸足で靴を履いているようになってしまいます。

裸足で靴をはくことは、足の臭いを直接靴にしみこませているようなもの。

とはいえ、「天然素材」と書かれた靴下にも、化学繊維が混ざっているので注意が必要です。

例えば、「ユニクロ」の消臭靴下は臭わないと評判でしたが、限定販売のため現在では入手が難しいという口コミもあります。そこで、同じような靴下を安く買いたいと思っても、ファストファッションブランドの靴下には化学繊維の製品も多いもの。

ブランドによっては、スーピマコットンなど希少な天然素材とアピールしておきながら、実際にはコットンよりも化学繊維の割合が多いこともあります。

靴下を選ぶ時には、品質表示のタグをよく見て化学繊維が含まれていないことを確認した方がいいでしょう。

また、銅・銀配合や特殊加工をした製品を選ぶ時には、金属アレルギーが出たり、素材によっては肌に合わないこともあります。

気になる場合は購入前にパッチテストをしたり、返品・交換ができる店舗を選ぶことをおすすめします。

クリームを塗ってみたらバナー1

クリームを塗ってみたらバナー2

クリームを塗ってみたらバナー3

おすすめの消臭クリーム特集ベージへ

page top