足の臭い ミョウバン

足の臭いを消すミョウバンの効果的な使い方は?

足の臭いケアのためミョウバン水はいつもバッグにいれて持ち歩いてます

毎回帰宅したら足を洗っているのに、また足が臭くなる、外出先でも自分の足の臭いが気になってしまう、という方もいるでしょう。

日頃どんなに気をつけていても、足の臭いはなかなか、無くなるものではありません。

それもそのはず、靴の中は高温多湿になりやすく、雑菌が繁殖しやすい環境なのです。

足の臭い対策には何がいい?とお悩みの方は、ミョウバンを試してみてはいかがでしょうか。

こちらではミョウバンの消臭効果のほかミョウバン水の作り方や使い方についてご紹介します。

ミョウバンとは

ミョウバンの粉とミョウバン水と茄子の漬物

硫酸カリウムアルミニウムとも呼ばれるミョウバンは、昔から漬物や野菜のアク抜きに使われてきた物質です。古代ローマでも消臭に使われていたという話もあり、本当に古くから我々の生活に役立ってきたものなのです。

生ミョウバンは八角形の結晶ですが、これを加熱し、水分を飛ばし脱水すると焼ミョウバンとなります。一般に多く見られ、入手しやすいのはこの焼きミョウバンです。

焼きミョウバンは水に溶けやすく、湿気を吸収する働きがあります。

なので、焼きミョウバンを空気に晒していると空気中の水分を徐々に吸収し、生ミョウバンに戻っていきます。もちろん、水に焼きミョウバンをつけておいても、生ミョウバンに戻ります。

大昔から消臭に利用されているミョウバンは、足の臭いにも、効果があります。

ミョウバン水はご家庭でも簡単に作ることができ、手軽に足の臭い対策に使えますので、この機会に是非お試しください。

ミョウバン水に消臭効果がある理由

ミョウバン水で足の臭いがとれた!

足の裏の汗腺から出た汗を、雑菌が餌として分解することで、「イソ吉草酸」という成分が発生します。これは足の悪臭の主な原因とされています。

つまり、イソ吉草酸を分解する雑菌の繁殖を抑えれば、足の臭いを軽減できるということですが、ミョウバンはこの雑菌の繁殖を抑えくれるのです。

ミョウバンは水に溶けると、酸性に変化します

足の臭いの原因となる雑菌はアルカリ性を好み、そして酸性に弱いという性質があるため、酸性のミョウバン水は雑菌を退治するのにはうってつけなのです。

また、イソ吉草酸以外の足の臭いは、古くなった角質や、皮脂や垢などからくるアルカリ性の臭いであることも多いです。

そして、疲労やストレスから体の機能が低下し、腎臓でうまく分解できなかったアンモニアが足の裏から排出されることがあります。このアンモニアからくる足の臭いもアルカリ性です。

こういった疲労臭などのアルカリ性の臭いを中和させて臭わなくさせることができるのも、ミョウバン水の特徴です。

 

アンモニアが原因の疲労臭に重曹は効果なし? >>重曹足湯の収集効果は?


また、ミョウバン水には収れん作用といって皮膚の組織や血管を縮める作用があり、これにより、

  • 足の汗腺が閉じ、汗をかきにくくなり
  • 同時に皮脂もでなる
従って、それら汗や皮脂を餌とする雑菌には居心地の悪い環境になるのです

ミョウバン水の作り方と使い方

焼きミョウバン

ミョウバンで足の臭いを消臭するために、まずはミョウバン水を作りましょう。

ミョウバン水は作るのに時間がかかるので、一度にある程度の量を作っておくほうがいいでしょう。

用意するものは

  • 1.5リットルのペットボトル
  • 市販の焼ミョウバン

だけで作れます。

ミネラルウォーターではなく、水道水のほうが腐りにくいためおすすめです。

  1. ペットボトルに水を入れ、その中に焼きミョウバンを50グラム入れましょう。

    入れたばかりのミョウバンはすぐに溶けず、ペットボトルの底に白く溜まっています。

  2. ミョウバンを入れたらペットボトルを軽く振り、そのまま一晩から数日放置しておきます。

    ※ミョウバンが水に完全に溶けるまでは、なるべく日の当たらない、暗くて涼しいところに置いておきましょう。

  3. 水が透明になったら、ミョウバン水の完成です。

このミョウバン水は原液なので、使う際は水で薄めましょう。

足の臭いに使う方法は、スプレーボトルに詰めて靴や靴下、足に直接スプレーするか、足湯で使うのがいいでしょう。

ミョウバン入りスプレー

スプレーボトルに詰めて使う場合、ミョウバン水は水でおよそ20倍に薄め、よく振って混ぜましょう。

これを足の臭いが気になったときに、皮膚に直接スプレーすると臭いがぐんと軽減されます。

また、靴や靴下にスプレーすることで、足から移ってしまった臭いも消すことができます。

小さいボトルに入れて持ち歩くことで、いつでもどこでも足の臭いをケアできますね。

ミョウバン足湯は、普段の入浴を終えた後の、足を洗ったばかりの状態で行うのがいいでしょう。

足湯をするための容器に、お好みの温度のお湯を、くるぶしが浸かるくらいに入れて、そこにミョウバン水を入れましょう。

量は大体お湯10に対してミョウバン水は1くらいの比率で大丈夫です。

そこに足を入れ、10分から15分ほど、リラックスして足湯を楽しみましょう。終わる頃には、足の臭いのなさにびっくりするかもしれません。

ミョウバン水を足に試す際は、まず事前にパッチテストをしておきましょう。

皮膚の薄い足の甲に、ミョウバン水の希釈液を少しつけて1時間ほど放置し、お肌に異常があった場合は使用を控えるか、ミョウバン水の比率を薄めてお使いください。

ミョウバン水のデメリット

ミョウバン水のデメリットは?

さて、不快な足の臭いを消すのに有効なミョウバンですが、少々デメリットもあります。

そもそもミョウバン水を作る際に、ミョウバンが水に完全に溶けるまで時間がかかるので、そこは手間に感じる人もいるでしょう。

そしてミョウバン水の消費期限ですが、もし人体に使用するのではなく、掃除などに使用する場合はおよそ3年は持つと言われています。

ですがお肌に利用する場合は、ミョウバン水の消費期限は短くなります。
なるべく、1、2ヶ月で使い切るようにしましょう。

さらに、ミョウバン水の原液を薄めた希釈液の消費期限はもっと短く、一週間ほどになります。

ミョウバン水も希釈液もどちらも、なるべく低温の環境で保存しましょう。
冷蔵庫で保存するのが一番いいでしょう。

また、たくさん作ったミョウバン水は余ってしまう可能性がとても高いです。余ってしまった分はお風呂のお湯と混ぜてミョウバン風呂にして使い切るといいでしょう。

ミョウバン水には菌を殺す殺菌効果はありますが、完全に菌を取り除く抗菌効果はありません。

ゆえに効果は長期間続きませんので、こまめにスプレーや足湯でお手入れをし続ける必要があります。作る時間や手間を考えると、忙しい方などには、面倒に思われる方もいるでしょう。

ですが、そういったデメリットを覆す程に、ミョウバン水は足の消臭効果はあなどれません。

足の臭いがひどくてお困りの方は、ぜひ一度ミョウバン水をお試しになってから、判断してみてください。

クリームを塗ってみたらバナー1

クリームを塗ってみたらバナー2

クリームを塗ってみたらバナー3

おすすめの消臭クリーム特集ベージへ

page top