靴 蒸れ対策

消臭スプレーで靴の臭い消し

あなたの靴が臭いのには原因があります。それは汗と細菌の繁殖。

人間は一日コップ1杯の汗をかくと言いますが、実は汗自体に臭いはありません。

それでは、汗と細菌に何の関係があるのでしょうか。

今回は、靴の臭いの原因と、靴の臭い消しに効果的な「蒸れ対策」について解説します。

あなたの靴が臭い原因は何?

強烈なスニーカーの臭いに鼻をつまむ女性

物事には必ず理由があります。もちろん靴の臭いも例外ではありません。

靴が臭くなる理由として挙げられるのは、足から分泌される汗や体温による湿気。

そして細菌の繁殖です。それではなぜ、汗が靴の臭いの原因になるのでしょうか?

実は汗そのものに臭いはありません。足の汗も同様です。

しかし、長時間ブーツを履いた時などは、靴のなかが蒸れていることに気づくでしょう。

汗が体温で温められ、蒸気が発生するからです。

そして、人間の体温は36度前後。これは細菌が繁殖するのに丁度いい温度と言われています。

一日履いた靴下を脱いで、顔を近づけてみると酸っぱい臭いがするはずです。

臭いの原因は「イソ吉草酸」という化学物質。

イソ吉草酸は酢酸、いわゆる「お酢」の仲間となる物質で、生まれつきの代謝異常で蓄積されることはありますが、健康な人でも毎日生成されるものです。

イソ吉草酸が足や靴の臭いになるのは、細菌の繁殖が主な原因です。

特に黄色ブドウ球菌や「コリネバクテリウム属」という種類の細菌類など、皮膚の常在菌は汗や汗に含まれる皮脂をエサにして繁殖します。

細菌類が汗と結びつくとアミノ酸の一種、「ロイシン」が体内で代謝されますが、その過程で生成されてしまうのが悪臭の原因となるイソ吉草酸なのです。

そして足の臭いが靴に移ることで、靴が臭くなります。

そこで、細菌のエサになる汗を抑えようとしても、なかなかうまくいきません。

というのも、人間が一日にかく汗の量は700mlから900ml、足の裏だけでもコップ1杯分の汗をかくからです。

また、ストレスや緊張などでも汗の量は増えがち。さらに、臭いのきつい物や肉類を食べ過ぎると、皮膚を通して臭いが放出され体臭もきつくなります。

では、一体どうしたらいいのでしょうか?

靴の臭いを抑えるコツは「蒸れ対策」

素足でパンプスを履くと・・・

こんな実験があります。健康な女性を対象に、それぞれ靴下・ナイロンストッキング・裸足で様々な素材の靴を履いてもらい、靴内の温度と湿度を測るというもの。

その結果、いちばん足が湿っていたのは裸足で合成皮革の靴を履いた女性でした。

また別の実験では、靴内で最も細菌が繁殖していたのは爪先、というデータも。

反対に、汗による湿気や蒸れが少ないのは靴下を履いた女性でした。

これは靴の臭いを防ぐ重要なポイントです。

汗の量を抑えるのは難しくても、靴の蒸れを防ぐことで臭いは抑えられるでしょう。

足が蒸れるのは、長時間同じ靴を履き続けることで熱がこもるのが原因

そこで、会社や学校の規定がなければ、サンダルやクロックスといった通気性の室内履きを用意してみてはどうでしょう。

爪先のとがった靴・履いていてきつい靴も、足が蒸れやすく臭いの原因になりますので、爪先の開いたオープントゥなど、爪先にゆとりのあるデザインを選ぶのもおすすめです。

どうしても、パンプスなどの蒸れやすい革靴しか履けない場合は、

  • まめに除菌用のシートで靴内を拭く

  • 消臭インソールを交換する

  • ストッキングを履きかえる

など、靴の中の環境を清潔が保つよう心がけましょう。

こういったひと手間も足の臭いを抑える有効な蒸れ対策といえるでしょう。

さらに、細菌の繁殖を防ぐには、脱いだ靴を乾燥させることも大事です。

毎日同じ靴を履いているのであれば、他に2、3足用意して履く靴をローテーションすることをおすすめします。

どれがいい?靴の臭い・足の臭いを消す方法

冷蔵庫に靴を収納…?

靴の臭いを抑えるには、靴だけではなく、足の臭いも予防することが大切です。

靴の臭いを消す方法として昔からよく知られているのは、
ピーナツの殻を入れる」「新聞紙を入れる」など。

細菌は人間の体温と同程度の36℃前後、湿度の高い状態で繁殖しやすいため、
吸湿性のあるシリカゲルなどの乾燥剤を使う」ことも理にかなっているでしょう。

また、細菌の繁殖できない環境を作る手段として「靴を冷凍する」方法があります。

とはいえ、キンキンに冷えた靴を冬に履くのも辛いものです。

その他、「靴のなかに10円玉を入れる」方法も。

銅イオンの微量金属作用によって抗菌効果が期待できるというものですが、人によっては「効果がない」という意見も。

ちなみに、極細の銅繊維を織り込んだ消臭靴下も販売されています。

除菌スプレーや重曹、ミョウバンなどは、靴・足両方の臭い対策としてに使えます。

市販の除菌スプレーは、靴の臭いと香料が混ざってより悪臭になる恐れがあるため、消毒用エタノールを使って足や靴を拭くといいでしょう。

靴の素材によっては色落ちすることがあるので、使いはじめは目立たない部分でパッチテストをするのがおすすめです。

いずれにしても、いくら靴の臭いを消しても、足が臭ければ意味がありません。

除菌シートや消毒用エタノールで足を拭く、除菌石鹸を使って足の指まで丁寧に、細菌の入り込みやすい爪のなかはブラシを使って洗う、洗った後はしっかり乾かすなど、足の臭い対策が重要なのはいうまでもありませんね。

靴も足も「除菌・清潔・乾燥」を心がけましょう。

クリームを塗ってみたらバナー1

クリームを塗ってみたらバナー2

クリームを塗ってみたらバナー3

おすすめの消臭クリーム特集ベージへ

page top