足の臭い 重曹足湯

足の臭いを消す重曹の効果的な使い方は?

重曹

毎日の仕事を終え、帰宅して靴を脱ぐときなどに感じる足の臭い。毎日足をこまめに洗っているというのに、どういうわけか臭いが無くならない、なんてこともあるでしょう。

実はただ足を洗うのではなく、重曹を使って足を洗うと、足の臭いに効果があるのです。

このぺージでは重曹の消臭効果や重曹足湯のやり方などについてご紹介します。

洗ってもとれない足の臭いの原因は何?

ブーツの悪臭に悶絶する女性

人間の体には無数の汗腺があり、無論足の裏にも汗腺が存在しています。

足の裏は他の部位よりも汗をかきやすく、一日に約コップ一杯分の汗をかくと言われています。

足の裏にある汗腺はエクリン汗腺というもので、その汗腺から分泌される汗は、体臭の原因となるアポクリン汗腺のそれとは違い、臭いがありません。

では、なぜ足が臭くなるのかといいますと、足の皮膚に住む常在菌が悪さをしているためです。

足の裏でかいた汗には垢や古い角質が含まれており、常在菌がそれを餌として分解することで、臭いの原因となるイソ吉草酸という物質が生まれるのです。

また、足の爪の爪垢も、足の臭いの原因になります。

汗や皮脂、靴下などの繊維のクズが垢となり、爪の間に溜まっているのを放置すると、巻爪や足の臭いの原因になってしまうのです。

重曹の消臭効果とは?

重曹水にスニーカーを一晩つけてみた

重曹は炭酸水素ナトリウムとも呼ばれ、食品添加剤や入浴剤、胃薬など、幅広い分野で使われていおり、掃除だけではなく、ふくらし粉やこんにゃくの凝固剤としてなど、食材にも使える、安全性の高い物質です。

その結晶は丸くて細かく、水には溶けくい性質をもっています。

角のない丸い結晶なので、カップやガラスの表面に傷をつける可能性がとても低いため、ティーカップについた茶渋をこすり落とすなど、研磨剤のような使い方もできます。

また、重曹は水を加え、熱すると発泡し、炭酸ソーダに変化、この炭酸ソーダ水は焦げ付きや汚れを浮かせて落とす作用があります。

さらに、重曹は弱アルカリ性なので足の臭いの原因となる「弱酸性のイソ吉草酸の臭い」を中和する働きもあります。そのため、重曹で足を洗うことで足の臭いを消す効果が期待できるのです。

足だけでなく靴下や靴などにも重曹は消臭効果を発揮します。

お湯1Lに重曹大さじ3杯程度を溶かした重曹水を作り、

  • 靴下は重曹水に一晩つける。(アイロンをかけて殺菌すれば、より効果的)
  • スニーカーなど洗ってOKな素材の場合は、重曹水に一晩つける。
  • 重曹を入れた靴下(口を結ぶ)を靴の中に入れておく。
  • 重曹水を持ち歩き、靴下や靴にスプレーする。

等でもニオイがとれますので試してみて下さい。

重曹足湯の効果とやり方

重曹水を洗面器に入れて自宅で足湯

重曹の足湯はとても簡単。ぬるま湯を入れた洗面器に重曹を入れて、事前に軽く洗っておいた足を10分から15分ほどつけるだけ。

重曹の量は、小さじ1杯から2杯程度で充分でしょう。

敏感肌などお肌の弱い人の場合、皮膚への刺激が強すぎる場合もありますので、最初は小さじ1杯程度から、少しずつ試していくほうがいいかも。

重曹だけでも効果がありますが、お酢やクエン酸を加える事で更に高い効果が期待できます

ただし、足を怪我しているときや、かかとのひび割れがひどいときは、重曹足湯は控えたほうがいいでしょう。

また、足湯に使用する重曹は掃除用のものではなく、食用のものにしましょう

掃除用の重曹には不純物が多く、発泡剤など肌に負担のかかる成分も含まれているため、足湯に使うことはおすすめできません。

お肌が弱い方は必ず事前にパッチテストをするようにしましょう。

重曹をぬるま湯に溶かしたものを、皮膚の弱い足の甲につけ、一時間ほどそのままにしても、肌に以上がない場合は、足湯をしても大丈夫でしょう。

それでも心配な方は、使う重曹の量を少し減らしてから、足湯をしてみましょう。

アルカリ性の重曹は、足の臭いの原因となる酸性のイソ吉草酸と混ざると中和され、臭いを消すことができるだけでなく、、皮脂腺がなく乾燥しやすいかかとなど、肌の古い角質を柔らかくして、取り除くことができます。

さらに、重曹は温泉の成分に含まれていることもあり、血流を良くする働きがありますので、冷え性でお悩みの方にも、重曹足湯は効果が期待できます。

重曹では消せない足の臭いとは

重曹

足の臭いであれば、なんでも重曹足湯で消せるというわけではありません。

酸性の臭いであるイソ吉草酸には効果がありますが、臭いの原因が他にある場合は、重曹の消臭効果が発揮されない場合があります。

例えば、体内から発生するアンモニアが原因となる疲労臭などには重曹の効果は期待できません

疲労やストレスなどで体内の機能が低下しているときは、尿として体外に排出されるはずのアンモニアが老廃物となり、血液を介して体中にめぐり、皮膚から外に出されることがあります。

特に立ち仕事の方は下半身に血液や老廃物が溜まりやすいので、アンモニアにより足の臭いがひどくなってしまいます。

アンモニアはアルカリ性ですので、酸性に効果のある重曹ではその臭いを消すことができません。

この場合重曹ではなく、1.5リットルの水に50グラムのミョウバンを溶かしたものをスプレーすると、臭いが緩和されます。

重曹足湯のメリットとデメリット

重曹足湯

そもそも重曹足湯の消臭効果は、あまり長続きしません。

一日の最後に重曹足湯で消臭をしても、次の日に靴をはいて蒸らすと足はまた臭くなります。

(靴をはいて足の臭いが気になってきたときは、小さなスプレーボトルに水に重曹を溶かしたものを持ち歩き、ときどき足や靴にスプレーするのもおすすめです)

ただ、消臭効果があるので、できるだけ毎日続けたいところですが、そうもいかないのです。

毎日のように重曹足湯をしていると、重曹の古い角質を取り除く作用に肌が追いつかなくなり、肌荒れを引き起こすこともあるようなので、重曹足湯は週に2,3回程度にしています。

また、調べてみると重曹には菌の働きを抑える静菌作用はありますが、抗菌や殺菌の作用はないようです。重曹足湯の消臭効果が長続きをしないのはこのためなのかも。

ですがこれには改善策がちゃんとありました。

お酢には抗菌作用があり、また温度が高いと効果が強くなるので、重曹足湯にプラスすることで、より高い効果が期待できるのです。

抗菌作用のあるアロマオイルもありますので、お酢ではなくそれを入れるのもいいでしょう。

アロマオイルは水には溶けにくいので、先に重曹と混ぜておいてから、お湯に入れましょう。

なんといっても重曹は安価なのもメリットのひとつ。気になる足の臭いでお悩みの方は、ぜひ重曹足湯を試してみてください!

クリームを塗ってみたらバナー1

クリームを塗ってみたらバナー2

クリームを塗ってみたらバナー3

おすすめの消臭クリーム特集ベージへ

page top